子ども達が自由に走り回れる家

 

 

「普通の家でいい。ただ、子供たちが家の中も庭も関係なく走り回れるような…そんな家が良い。」それが家づくりの始まり。高さを変えて緩やかに繋がるLDK。キッチンに立つと、畳コーナーに座る人との目線がちょうどよい高さに。リビングの段差は、時にはベンチとして、時にはデスクとして思い思いの使い方で、グランドレベルまで下げたリビングの床は、庭が近く、空が高く感じられるよう広々とした空間を演出。

目隠しがあり、人の目も気にならない自由空間。

 

南北の窓に加えて、トップライトからの光も邸内を優しく照らす。

段差に腰掛けたり、背もたれにしたりと使い勝手が良い。

 

南向きの大きな窓からリビングいっぱいに光が入ってくる。お子さんたちは庭との距離感の近さが嬉しい。