Yellow Dominant? Blue Dominant?

2020年07月14日 - 西井

 

こんにちはコーディネーターの西井です(*´▽`*)!

 

 

 

皆さんはパーソナルカラーというのをご存じですか?

 

 

例えば自分の顔立ちや肌の色などから、似あうメイクの色やお洋服の色を見つけ出すというもの。

 

私もそうですが、自分が好きな色と実際に似合う色って違ったりすることがあるんですよね!

 

買い物へ出かけたりした際に迷って迷って迷ったあげく、また来た時に買おう!(^^)/

なんて買わずに帰ってしまい、いざ決心して買いに行くと売り切れ・・・((+_+))ガガーン。

て事になって後悔してしまったり。(´;ω;`)

 

 

(^o^)丿お家創りも同じで、クロスやカーテン、照明や家具の色、食器の色にしても同じお話です。

折角のお家創りだからめいっぱい楽しもう!!!!

 

もちろんめいっぱい楽しんで頂きたいですし、私も一緒に楽しみたい!!!!!!

 

ですが、少しだけ色味の統一の事を頭に入れておいて頂きたいので、そのお話を少しだけさせて頂きます(^^♪

 

 

 

題して【ちょっとだけよ】シリーズです。(シリーズ化になるのか?笑)

 

ちょっとだけ覚えておくと統一感が出るというお話です(*’ω’*)

 

 

それが、イエロードミナントとブルードミナントです。

 

え?!ってつまりイエロー系(黄色系)とブルー系(青色系)しか選べないの?!

と思われた方、いえいえ違います。

 

これはどんな色でもイエローとブルーに分かれると言うことです(^^)/

赤色や緑色でもイエローとブルーに分かれます。

 

 

お写真を見て頂きたいのですが、雑誌の切り抜きをイエロー系とブルー系に分けてみました。

 

それぞれのドミナントに合わせると、雑誌の切り抜きがなじんでおります(^o^)丿

 

逆に言うと、あえて目立たせたいモノを違うドミナントに入れてしまえば目立たせる事が出来るという事ですね。

 

↑こちらは、イエロードミナントとイエロー系の切り抜きです(*’ω’*)

 

↑こちらは、ブルードミナントとブルー系の切り抜きです(*’ω’*)

 

↑こちらはイエロードミナントにブルー系の切り抜きを合わせたものです(‘ω’)ノ

ブルー系の切り抜きが映えますね!

 

 

“(-“”-)”分かったよ~な~♪分からなかったよ~な~♪

はい!大丈夫です!

その為のコーディネーターですので、私たちにお任せ下さい(^^)/

 

 

しかしながら、ちょっとだけこういった考え方、見せ方がある事を覚えておいて頂くと、ちょっと迷った時にお役に立つのではないでしょうか?( *´艸`)ヒ・ミ・ツ♡

 

 

 

その他にもちょっとしたお悩みがありましたら、是非私たちにお声がけ下さい(^^)/

 

中美建設では無料相談会を開催しております!

☞無料相談会はこちらから

 

私たちと一緒にお家創りを楽しみましょう!

 

 

 

ではではまたお会い致しましょう~(@^^)/~~~

 

最後までお読み下さいましてありがとうございました。