玉城町 T様邸


Q:中美建設で建てようと思った決め手を教えてください。
A:“人”に魅せられたからです。ご担当の鳥生さんとの出会いは某完成見学会の時でしたが、本当に丁寧かつ親身になり熱心にお話を聞いていただき、その日のうちに安心が生まれていました。そして何度かお話するうちに「このひとにお任せすればきっと満足のいくおうちを作っていただける」+「満足のいくおうちづくりができる」と思うようになり決めました。(実はコンシェルジュという肩書きのネーミングセンスにも惚れていました。)

Q:中美建設で家を建てて良かったと思うことは何ですか?
A:1つが家族同然に接していただけたこと。お誕生日や記念日にサプライズを演出してくださったり、打ち合わせや見学会の都度子どもたちのお守りをしてくださり大助かりでした。2つ目に、自分らしさにこだわったカスタマイズハウスを実現させてくださったこと。間取りや家の内外の細部にも希望をすべて聞いてくださり思い通りのおうちにしていただけました。3つ目が家族の接する時間が多く持てるようになった点。家事動線の考慮もあり、家族に目が届き、安心を得られるようになったと同時に家にいるのが好きになりました。

Q:ここをもっとこうしておけば…と思われることはありますか?
A:特に思い当たる事はありません。

Q:家づくりでどういうことを重視されましたか?
A:家族がいつも集まる空間となる家を作ってもらう。主人の部屋からリビングが見下ろせ、私がキッチンにいてもいつも子どもの声が聞こえ、目が届く間取り設計。大きな地震や天災にも耐えられる耐震性・耐久性と断熱性。子どもの成長に対応した機能性。(将来的に子ども部屋を2つに仕切る事も可能な将来間仕切り設計にしてあります。)

Q:家づくりを進めていくなかで、思い出に残ったことは何ですか?
A:契約の日、地鎮祭、上棟祭、引き渡し、家族の誕生日…いつもイベントごとにサプライズをしてくださり、お写真を撮って残していただき世界で一枚のDVDを作成していただけた事がとても嬉しく感動しました。でもそれと同じくらい、事務所でいただくおいしいコーヒーやこどもたちをかわいがっていただけたこと、と鳥生さんに足繁く自宅に打ち合わせに通っていただけた事が何より大切にしたい思い出です。本当にありがとうございました。

Q:実際にお住まいになられていかがですか?
A:家にいるという当たり前のひとときが本当に貴重で幸せに感じる時間になっています。男の子3人で日に日にカベや床のキズ、汚れも増えていくのは目に見えていますが、それも味として受け止めて、子どもたちの成長をこのおうちで見守っていくことが何よりの楽しみです。「毎日家に帰るのが楽しみ」と言う子どもたち。不自由なく快適で落ちつくこのおうちでたくさん思い出を増やしていきたいと思っています。

Q:これから家づくりを始められるかたに一言アドバイスをお願いします。
A:とにかく自分の好きなものをスクラップすることをおすすめします!私は1冊のノートに雑誌の切り抜きや見学会のチラシなど自分がいいなと思ったものをスクラッピングしてたくさん想像していました。外観・内装・家具・照明などなど…言葉で言うより人に伝えやすくイメージもふくらむと思います。あとはスタッフさんにたくさん甘えわがままになる!!私はわがまますぎて申し訳ありませんでしたが…涙 おかげで感動的な家づくり
が実現しました。鳥生さんをはじめ中美建設の皆様、本当に本当にありがとうございました。