想像していた以上に気密性が高く、入居が真冬でしたが、驚くほどにあたたかかったこと。これにはビックリしました。(松阪市 K様邸)

Q:中美建設で建てようと思った決め手を教えてください。
A:三重の木を使った家造りをされている。地域に根ざした工務店である。アットホームな雰囲気がある。見た目やPRイベントなどに拘りすぎない、派手さにない堅実な雰囲気。

Q:中美建設で家を建てて良かったと思うことは何ですか?
A:大手ハウスメーカーにはないアットホームな距離感で、“建てて終わり”ではなく、その後の住んでみてわかる、細かい疑問や要望などにもすぐに対応していただけること。建設中でも、昔からの習わし(地鎮祭など)を大切にされていて、関わることで自分たちの家を建てているのだな、と実感させてもらうことができたこと。

Q:ここをもっとこうしておけば…と思われることはありますか?
A:何度も納得のいく打ち合わせを重ねていただけましたので、こうしておけばよかったと後悔するようなことは正直ありません。

Q:家づくりでどういうことを重視されましたか?
A:家族の存在がどこにいても感じられる空間であること。家事動線(自分の動きのクセなど)を徹底的に分析して、無駄な動きがうまれない間取りをつくること。予算内でおさまること。

Q:家づくりを進めていくなかで、思い出に残ったことは何ですか?
A:キッチンやリビングなどに使用する無垢材を自分たちの目で実際にみて、選ぶことができたこと。建築中も気軽に現場に入らせてもらえ、できあがっていく様子を見ることができたこと。

Q:実際にお住まいになられていかがですか?
A:想像していた以上に気密性が高く、入居が真冬でしたが、驚くほどに暖かかったこと。これにはビックリしました。また、2階の足音、外の車のおとなどもほとんど気にならないので、素晴らしいです。

Q:これから家づくりを始められるかたに一言アドバイスをお願いします。
A:後悔しないためには、とにかく、少しでも“?”と思うことはどんなことでも質問して、その都度、解決していくこと。建てている間もこまめに現場に足を運び、自分達の目でしっかりと確認すること。自分達の家なのだから、「おまかせする」だけではなく、自分達も造り手として積極的に関わる姿勢が一番大切だと思います。