重視した家事動線、子どもたちを見わたせる配置には、100点満点。(伊勢市 K様邸)


Q:中美建設で建てようと思った決め手を教えてください。
A:打ち合わせをさせてもらっている時の雰囲気が、アットホームで話しがしやすく、“こうしたいな”、“こうしたらどうだろう”と思うことを、気がねなく話せた。やはり、もう1つはお金のこと。ハウスメーカーにも相談に行ったことがあるが、納得いくものでも、金額が違いすぎた。

Q:中美建設で家を建てて良かったと思うことは何ですか?
A:私たち家族がこれから先の長い人生、生活する基盤となる家。建てて終わりではなく、メンテナンス等、建てた後のことも、打ち合わせの当初から聞いていた点は安心できた。出来る限り、希望にそうよう努力して下さる姿が見えた。特に、主人の部屋(自転車部屋)を、1階のもってこれた(必要な水回りなど、1階に趣味の部屋を作ると、本当はもっと狭くなると思うので)ことは、ありがたかった。

Q:ここをもっとこうしておけば…と思われることはありますか?
A:あえて書くとすれば、クロスの色、柄は、もっと落ちついて考えれば良かった。カタログにテンションが上がり、内覧会で見せていただいた他のお宅での大胆な色、柄に“自分たちはどうしよう…”と変わったものに走ってしまうので…。長く住む家だからこそ、先々を考えての選択をする方が良いと思う。

Q:家づくりでどういうことを重視されましたか?
A:
・家事動線、子どもを見わたせる配置を、重視した(私は…)
・主人の趣味部屋を、(本来)2階が多いところを、外へ出ていくこともあるため、1階に持ってきたこと。
・地震対策

Q:家づくりを進めていくなかで、思い出に残ったことは何ですか?
A:主人の出張や第2子の出産が重なり、早め早めに打ち合わせをしてもらったが、焦って決めることがなく、ゆったりとした気持ちですすめてもらえた。これは担当していただいた上村さんのおかげ。長男をつれての打ち合わせも、キッズルームで対応してもらえて、ゆっくり話が出来た。長男も楽しそうにあそんでいたのを思い出す。地鎮祭・上棟式等も、一生に一度の経験で、良い思い出が出来た。

Q:実際にお住まいになられていかがですか?
A:重視した家事動線、子どもたちを見わたせる配置には、100点満点。リビングにつながる和室のおかげで、子ども達の昼寝もOK。アパートにいた頃より、家事、片付け(収納多く付けていただいたので)ともに楽になった。子どもがドタドタしても、下や隣に気を使わなくて良くなった。

Q:これから家づくりを始められるかたに一言アドバイスをお願いします。
A:“気になること”、“やってみたいこと”は、どうなるか分からないが、一度伝えてみる。長く住むからこそ、“後でこうすれば良かった”と思うことが少なくなるようにしてはどうでしょう。