営業担当の上村課長を始め、中美建設の皆様には本当に良くしてもらい、中美建設の「満足」「安心」「感動」の全てを実現して頂きました。(伊勢市 N様邸)

Q:中美建設で建てようと思った決め手を教えてください。

A:5年程前に町内で中美建設の内覧会を見に行き家を建てる計画を立て始めました。おじさんが以前大工の棟梁をしていた事もあり、家を建てるのなら、ハウスメーカーより「大工さんに建ててもらいたい」と言う思いがありました。町内では2件中美建設で建てている安心感もあり、おじさんにも構造見学会に一緒に行ってもらい「これだけ丈夫にしてもらったら言う事ないわ!」とお墨付きをもらったので、中美建設で家を建てて頂きました。

Q:中美建設で家を建てて良かったと思うことは何ですか?

A:家の諸事情により、5年と言う長い計画を立てましたが、気長に待って頂き、じっくりと色々な事を相談にものってもらい、決められました。内覧会にも数十ヵ所足を運びましたが、いくつか参考になる所もあり、我家にも何ヶ所か取り入れさせて頂きました。又、事細かな事も営業担当の上村課長始め、中美建設の皆様には本当に良くしてもらい中美建設の「満足」「安心」「感動」の全てを実現して頂きました。家が建った時家族で本当に中美建設(上村さん)で良かったなあ~って話をしました。引き渡しの時のプレゼントもうれしかったです!

Q:ここをもっとこうしておけば…と思われることはありますか?

A:プランを何十回か変更し、建坪が当初の予定の40坪ぐらいから約46坪になりました。これから家族4人で住むにはもう少し小さくした方が生活がしやすかったのでは…と。(掃除等大変そうです。)設計については、プランを変更したのもありますが玄関入ってすぐ左側正面に階段があり、少しインパクトが強いかなと。それと子供部屋の間取りで机・ベッドの置き位置に悩みました。以前よりも今は各部屋にクローゼットがあるので、収納には便利ですが、その分平面には物が置けないので、その事をもう少し考えたら良かったと思います。

Q:家づくりでどういうことを重視されましたか?

A:この時代なので、いつ震災が来るか分かりません。とにかく丈夫な家。構造を一番に考えました。その為、構造見学会も元大工の棟梁をしていた、おじさんに一緒に行ってもらいました。

Q:家づくりを進めていくなかで、思い出に残ったことは何ですか?

A:約5年かけて家づくりを進めてきたので、思い出は、色々あります。正直、良かったと思うよりこんな事まで決めやなあかんの?と思う事がたくさんありました。内覧会、津のLIXILショールーム、家具屋、電化製品店、数多く足を運びました。実際、家が建ってみると相談し担当して頂いた方々の顔が思い浮かび「こんな家が建ちました!」と伝え見に来て頂きたい思いです。

Q:実際にお住まいになられていかがですか?

A:まだ、実際に住んでいませんが慣れるまで相当時間がかかると思います。でも、現在6畳に子供が2人勉強机を2つ背を向けていますが、新しい家に徐々に荷物を運び、形になった時、本当にうれしそうに「新しい家は、いいなあ~」と言った言葉が印象に残っています。

Q:これから家づくりを始められるかたに一言アドバイスをお願いします。

A:家づくりで重視した事で、「丈夫な家で構造一番」と書きましたが実際、中美建設で家を建ててもらい本当に良かったと思います。自分自身もそうでしたが、ほとんどの方が外観のデザインどうしようかなあ~って考えると思います。ですがやはり、中身(構造)が大事だと思います。中美建設の社員の方も中身がしっかりしています!安心して、相談して家づくりを考えてみたら…