通り土間と離れ和室がある平屋

水平ラインを強調した和モダンな平屋。来客の多い家であることから、ひとつながりのLDKをゆるやかに区切り、ダイニングはゲストをもてなす場所に、リビングは家族で過ごすプライベートな場所とした。離れ和室は「将来、民泊をしたい」という夢を叶えるためのもの。現在は、来客をもてなす部屋として大活躍。

玄関からのびる通り土間には自転車を置いて。来客は、可動式のスノコから直接ダイニングへ。

右手のスライドドアの奥は日常的に出入りするファミリー玄関。

縁側が付いた離れ和室。琉球畳に合わせた天井の模様がモダン。

ロフトにはデスクや棚を造作したご主人の書斎。

天井は杉板、床はオークの無垢材を使用し、落ち着いた雰囲気のリビング。勾配のある天井とデッキに繋がる窓が開放感を演出。