愛犬も子どもも心地いい平屋

家族の一員である愛犬だって同じ屋根の下で暮らしたいという想いから、子どもも愛犬ものびのびと過ごせる家に。中庭を中心にもうけた間取りにより、どの部屋にもたっぷりと光が差し込み、明るく爽やかな空間が広がる。独立した来客スペースを用意し、だれでも気兼ねなく招ける家が完成した。

中庭を望む窓がキッチンにもリビングにも太陽の温かな光を採りこんでくれる。奥に見えるのが独立した来客スペースの和室。

玄関からリビング、和室の両方に直接に入れる設計。

子どもがリビング学習ができるよう、カウンターをつけた。

黒の塗り壁と片流れの屋根がスタイリッシュ。黒を基調にしたことで軒天の木目を際立たせている。