ZERO-CUBE N様邸上棟!

2019年03月12日

 

こんにちは!現場監督の大山です。

 

花粉がピークを迎え、花粉症の方はツライ日々をお過ごしのことかと思います。私は花粉症では無いと自分に言い聞かしているので、未だに花粉症の薬には頼っていません!(ときおり目が猛烈に痒くなりますが、気合で乗り越えます)

 

さて、先日N様邸の上棟工事(骨組みを建てて棟を上げる、一大イベント!)に参加してまいりました。

 

この日の物件は、

近頃人気のZERO-CUBE+BOX

 

実は私はN様邸の担当監督では無く、急遽欠席になった山本監督の代役としてお邪魔しました。

N様は、代理で初対面の私にも快く対応してくださり、雨上がりの快晴もあって、とても気持ちの良い朝の始まりでした。

 

上棟が始まり、柱が次々に建っていくと、

 

N様『基礎見たらすごく小さく感じたのに!!』

 

実はこれ、ほとんどのお客様からかけられるお言葉なんです。

 

 

柱が建ち、梁が架かり、空間になっていく。

それだけでとても心躍ります。

 

大山『平面で見るのと立体になるのとで、こんなに差があるんですよ!』

 

といつものようにドヤ顔で返答させていただきました。

 

 

 

工事も順調に進み、夕方にはご家族全員揃って上棟式を執り行うことができました。

 

お兄ちゃんにも記念の釘を打ち付けてもらい、『図工は得意なんやで!この前も授業で釘100本打った!』と、とてもうれしそうに話してくれました。

 

 

 

解散の際にお祝いの記念品まで頂き、『今日来れなかった山本監督にも渡してください』と欠席した山本にまでお気遣い頂きました。

 

家に帰って中身を見ていると、こんなものが!

 

(しまった!間違えて持ってきてしまった!)と思ったのと同時に、近頃めっぽう涙もろくなった私は、N様の山本への心遣いにジーンと来てしまいました。

 

 

N様、ありがとうございました!そして、上棟おめでとうございました!

完成をお楽しみに!

 


この記事を書いた人

現場監督

大山 敬太(おおやま けいた)