M様邸の現場確認に行ってきました!

2019年04月05日 - 山本 基港

 

こんにちは! 現場監督の山本です!

 

春の日差しが心地よい毎日になりましたね。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、M様邸の基礎工事現場の確認に行ってきました。

 

先日の土地の地盤調査の結果、地盤改良が必要とのことで改良工事をしました。

 

工事方法は、柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)という土の中にコンクリートの柱を造る工法です。

 

造った柱の先端は、硬い地盤の深さに到達していなければなりません。

 

その深さまでコンクリートの柱で造ることによって、建物の荷重を支える仕組みになっています。

 

↑セメントミルクを注入しながら掘り起こし、反転し、かき混ぜながら機械を引き上げていきます。

 

↑仕上がりはこんな感じになります。

 

この上に、基礎が出来上がっていきます!

 

その後「捨てコンクリート」という工程が完了すると、ここから「配筋組み」へと工程が進んでいきます。

 

 

↑配筋施工完了!

そして、ここから「ベース打設」へと工程が進みます。

 

 

建築現場は専門用語が多いですが、こうしてどんどん工程が進み、形ができていくのを見るのはワクワクして楽しいですよ。

完成までが、とても待ち遠しいです。

これからの工事も、安全に十分に気を配り、進めて行きたいと思います。