5年点検に行ってきました!

2019年10月25日 - 竹内 紹喜

 

 

こんにちは!

 

設計士の竹内です。

 

朝夕冷え込みがあり、温度差が激しいですが、皆さん体調の方は大丈夫でしょうか?

 

先日、5年前に建築して頂いた何軒かのお家へ、5年点検にお邪魔させて頂きました。

 

というのも、中美建設では「安心の無料点検」という点検をお引渡し後、定期的に実施しております。

 

今回、お伺いさせて頂いたお宅には、3年前の2年点検でもお邪魔させて頂きましたが、もうそれから3年経ったのかと思い、時の流れの早さに歳を感じている次第です(泣)

 

 

 

2年点検時には、構造木材の伸縮(木が生きている証です!)があるので、クロスの割れが目立ちましたが、5年目の点検時には2年で割れていなかった箇所が割れているくらいで、木材の伸縮も納まり、目立つ箇所は見当たりませんでした。

 

5年点検になると何か他の不具合があるかもしれないと思いお邪魔しましたが、建具(ドア等)の調整や、クロスの割れ(天井、壁の境目)くらいで、2年目にお邪魔した時と変わらない内容で済みました。

 

 

 

また、築年数とは関係ないのですが、網戸の調整をすることも。

 

レールから戸車(なめらかに開ける為の小さな車輪)が外れていたり、網戸上の外れ止め(障子の脱落を防止する為の部品)が上に上がっていて、動きが重くなったりします。

 

使用頻度の多い箇所ほど、どうしてもどちらかが原因で動きが重くなったりしてしまう為、こういった点検時に調整をしています。

 

自分はこちらが本職ではないので、できる範囲で補修や調整をさせて頂きますが、こちらで対応できない補修は、弊社 中美建設にはアフター専門の社員がおりますので、ご安心を!

 

これからお家をお考えの方も、安心して過ごして頂けると思います。

 

読んで頂き、ありがとうございました!

 

暑い日と寒い日が繰り返されますが、お体に気を付けてお過ごしください。