現場からお届けします!

2019年05月24日 - 内田 実香

 

 

みなさんこんにちは!広報の内田です。

 

 

本日は事務所を飛び出し現場から生中継!

 

…と言いたいところですが、いつもの机の上からお届けしております。

 

『事務所にいても外にいても内容は同じじゃないの?』と思われた方、大正解です。

 

『どっちでもええけど…』と思われた方、それも大大大正解!

 

外でパソコンを使っているかっこいい雰囲気をかもしだしたかっただけです。

 

 

 

さてさて、私の憧れの話は置いときまして…

 

最近、職人さんの写真パネルのため現場におじゃまさせていただく機会が何度かありました!

 

職人さんの写真というのは、“中美建設の家創りではこの作業はこの職人さん(大工さんやクロス、左官職人さん等)が責任をもって手掛けています”ということをよりみなさんにお伝えするため、事務所内に1人1人のお写真を飾らせていただこう!といった目的の撮影になります。

 

 

☟ちょこっとお見せするとこんな感じ!

 

 

普段式典の際(地鎮祭、上棟、お引渡し式)に写真撮影に伺うことは多いのですが、式典~式典までの間は現場に向かうことが少ないので撮影のたびに、今日はどんな作業をされているのかなとワクワク!

 

 

先日は電気の配線工事を行っている職人さんの写真を撮らせていただいたり…

 

(見ている私には線がたくさんあってなにがなんやら…)

 

 

 

基礎を組み立てているところにおじゃましたり。

 

― 基礎工事については現場監督 浦城山本のブログをチェック! ―

 

 

 

 

内装工事を行っている大工さんの写真も撮らせていただきました!

 

 

 

\ 笑顔もぱしゃり /

 

 

普段、あまり見ることのできない作業風景と建築中現場に『おお~こういう風にしていくのか~』と感動!

 

なるべく作業の邪魔にならないようにと、はじめはこっそり遠くから撮影していたのですが、職人さんから「こんな感じ?どう?」等いろいろと話しかけていただき、私も「もう少し顔を見せてもらえると…」とプチ撮影会が始まる場面も。

 

 

 

 

そして昨日は弊社倉庫にて塗装作業をされているところに突撃!

 

「言ってくれたら髪セットしてきたのに~」と言いながらウッドデッキの塗装をされていました(笑)

 

 

 

すばやく、ムラもなく木材に色がついていきます。

 

 

 

絵の具ですらうまく塗ることができない私は『こ、これが職人技…』と写真を撮ることも忘れてひたすら作業を眺めてしまいました…。

 

 

 

職人さんと話していると、木によって塗装にかかる時間が違うらしく、ウッドデッキに使用しているヒノキは木に浸透するまで2~3日おいておかないといけないと教えていただきました。

 

実際に作業を見たり、お話させてもらう中で、すべての職人さんに共通して、お客様が永く安心して過ごすことができるように、時間や手間を惜しまずひとつひとつの作業を、誇りをもってこなされているなと改めて実感しました。

 

 

なにより、職人さん達の手によって柱が建ち、クロスが貼られ、キッチンがつき、照明が取り付けられる等どんどんお家が完成していく様子は感動以外の言葉が見つかりません!

 

 

中美建設では、家創りがはじまると実際に建築中現場で打合せを行うことがありますので、その際にはぜひ職人さん達の『技』を見てみてください!

 

 

 

 

 

「他にはどんな職人さんがいるんだろう?」

 

と思われたそこのあなた!

 

 

「直接家を建ててくれる職人さんのことも、知っておきたいな~」

 

と思われたそこのあなた!

 

 

「イケメンいるかな?」

 

と思われたそこのあなた!

 

 

弊社にてお待ちしております(* ’ ’ *)

 

パネルが完成した際には弊社Facebook等でお知らせいたしますので、ぜひ、お楽しみに!