収納は場所で決まる、何年経っても片づく家!

2019年06月11日 - 大西 久友

 

こんにちは。

 

注文住宅事業部マネージャーの大西です。

 

今回、“収納”のお話をしたいと思います。

 

と、偉そうに言っていますが、私自身も勉強になったお話です。

 

私たち、中美建設では、こだわりの一つとして、“収納”のご提案をさせていただいております。

 

収納といいましても、いろいろあるわけなのですが、おそらく他の工務店やハウスメーカーさんでも、収納についてはこだわってみえるところも多いかと思います。

 

私たちは、ただ“収納をたくさんつくる”、“大きな収納部屋をつくる”だけでなく、“収納の場所と量のバランスを考える”ことに重きを置いています。

 

収納を考える会社 株式会社 収納計画さんと一緒に、最初のプランのご提案から収納についてのアドバイスをさせていただいております。

 

 

ご希望をいただいたお客様には、ご提案させていただく前に、このようなプランを用意させていただきます。

 

収納のプロにアドバイスをいただき、最終的には収納評価もしていただきます。

 

では、「どのような収納が評価が高くなるの?」と思われた方もいるかと思います。

 

収納の評価のポイントは、先ほども述べましたが、ここに(場所)どのくらいの(量)収納があるかというバランスが重要になります。

 

玄関には、靴や外で使うものをしまえるように。

 

各部屋は勿論ですが、洗面所にはタオルや洗剤などがしまえるストックスペース。

 

「リビングには、普段、何をしまいますか?」というような聞き取りから、プランを考えていきます。

 

 

先日6/8、6/9に「収納の指定席」と銘打って、開催されました完成見学会では、悪天候の中たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

 

 

 

そうなんです。収納は大きくなくてもいいんです。

 

ちょうどいい場所に、ちょうどいい大きさのものがあれば、すごく使いやすいおうちになるのです。

 

収納計画さんの調べでは、30年前も今でも、おうちの不満足の上位に“収納”が上がってくるそうです。

 

こんなに、収納を考えたおうちが増えているにも関わらずです。

 

それだけ、収納って奥深いものなんだと、私自身もいつも感じてます。

 

中美建設では、不定期ですが「おうちの収納セミナー」も開催させていただいており、今後も開催する予定ですので、少しでもご興味を持っていただける方には、ぜひご参加いただければと思います。

 

必ず、今後の家づくりの参考にしていただけること間違いないと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

なお、収納のプロと直接話せる「オンライン相談会」は、常時開催しております。

 

どしどし、お問い合わせください!