伊勢神宮に行ってきました!

2020年02月06日 - 太田 康幸

 

初めまして です。

 

新入社員の太田康幸と申します。

 

リフォームとアフターを担当させて頂いております。

 

新入社員と言いましても、56才のお父さんです。

 

こんなお父さんがピンポーンって突然、訪問してきたら、少しびっくりしますよねー。

 

でも前もって、どんな人物か知ってれば、ちょこっと安心して頂けるかなーという想いで、自己紹介させて頂きます!

 

実は、8ヶ月前に愛知県からこの伊勢の地に移住して参りました。

 

早朝の伊勢神宮の杜(もり) 、五十鈴川のせせらぎ、鳥たちのさえずりに魅せられて、癒しを求めて、愛知県から月に一度通ってましたが、好きがこうじて、移住してしまいました。

 

 

 

 

神宮には、「朔日(ついたち)参り」という習慣があるそうで、「朔日餅(もち)」のことは、以前から知ってましたが、「朔日粥(かゆ)」なるものがあることを、同僚の方から聞きまして、とても気になってました。

 

ですから、ついに、ついに、念願の朔日参りツアーをしてきましたー!

 

早朝4時に起床して、まず、行ったのが、朔日粥を食べさせてくれる店。(必ず食べられる様にとネットで2番目に人気の店にしました)

 

早朝、起きたての胃袋には、とても優しいお粥、スルスルっと胃におさまりました。

 

そして、明るくなるまで、付近に点在されてます神社を巡拝して、正宮殿へ!

 

この日は、特別参拝といって、あの白い布の内側で参拝しました。

 

ジャッリ ジャッリと玉石を踏みながら殿内に進むと、とても身が引き締まります。

 

そして、観光客の人たちの注目の中、シャンシャンと二礼二拍手。(ちょこっと緊張です)

 

そのあとは、緊張をほぐす意味もあって、赤福本店にてティータイムです。

 

二月の朔日餅は、「立春大吉餅」   といわれて、大粒の黒大豆が入ってる縁起の良い餅なってました。

 

梅昆布茶によく合います。

 

そして、最後に神楽殿にて、お神楽を奉拝しました。

神馬の名前です🐎

 

なかなかイケメン馬と思いませんか!

 

 

今回のツアーで、たーくさん幸せな気持ちを頂けましたので、アフターで訪問させて頂いたお家に幸せのおすそわけが出来ると思います。

 

訪問しました時には、よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

また、是非、事務所の方へもお越しください。

 

☞ 無料相談会はこちらから