モノづくりしてきました!

2019年04月18日

 

 

こんにちは(*^_^*)

設計士の太田です。

 

暖かい日となり喜んでいたら、関東では雪やみぞれ。

 

皆様、寒暖差にて体調は崩してないでしょうか?

 

今年の春も楽しませてもらった桜は、花びらが舞い散り、もうそろそろ本格的に暖かくなるのでしょうか?

 

寒いのが苦手な私は、夏が待ち遠しいです。

 

 

 

さて先日、中美建設では創業50周年記念式典が執り行われました。

 

その式典の前にスタッフのご家族と一緒に、五桂池にてレクリエーションを行われました。

 

 

お天気にも恵まれ、桜もキレイ!

 

 

いちご狩りや動物とのふれあい等、日頃仕事で時間を取れないスタッフも家族サービス(*^_^*)!!

 

ボートを漕いだりもして、次の日筋肉痛に・・・。

 

 

 

お昼には、みんなでバーベキュー!

 

 

 

そして私は10年ぶりくらいに、陶芸を堪能してきました。

 

陶芸体験の教室へ向かう途中、ついついマニアックな写真を撮りたくなってしまう私は、いい被写体を見つけ、

すごいポーズ(アングルから想像してみて下さい。(笑))で写真を撮っていると、プロのカメラマンさんが・・・。

 

恥ずかしい!(>_<)と走り去ろうとすると・・・『真似させてもらうわ!!』と大きな声で叫ばれ、同じアングルで撮影してました( ´∀` )

 

カメラマンさん、写真撮るポーズまで真似しなくても・・・(^▽^;)

 

 

 

と、そんな一幕もありつつ、本題の陶芸体験教室へ。

 

 

粘土を掌で叩き、型を整えていきます。(次の日、掌が内出血になるほど、叩いていたみたいです。(^▽^;))

 

型が整ったら、自分の好みの形に変えていきます。

 

器の下に台座を取付け、器の縁を整えたら完成!!

 

釉薬の色を決めて、焼きあがるのを待ちます。

 

焼きあがるまでは時間がかかりますが、完成が今から楽しみです。

 

モノを創っている時は、そのモノを使う時の状況や風景を想像したり、使ってくれる人を想ったり、何をどのように飾ろうか?等、完成を考えながら丁寧に進めていく過程がとても好きです。

 

 

そんなモノを創る過程は、家創りにも通じるところが沢山。

 

改めて、家創りを見つめ直すいい時間となりました。

 

ここで学んだことも活かしつつ、皆様とお家についてお話が出来るのを楽しみにしています(*^_^*)


この記事を書いた人

設計士

太田 慶子(おおた けいこ)