棟梁のこだわり・匠の技

本物の職人にしかできないこと

材料へのこだわりは、職人へのこだわりにもつながります。無垢の材木は生きているため施工が非常に難しく、地場の木に精通した経験豊富な大工による施工が欠かせません。中美建設の家創りでは伝統的な工法も不可欠であるため、自ずと “本物の” 職人が求められるのです。

地棟

屋根の直下、建物の端から端に太い丸太を通すのが「地棟」。文字通り芯となって建物全体の強度を増すだけでなく、その加重によって建物に安定を与えることにも寄与しているのです。

込み栓

主要な部分の柱の接合部分に、独特の木のくさびを使って組み上げる工法を「込み栓」といい、神社・仏閣などにも採用されている伝統工法の1つです。長期に渡ってサビや腐食の心配がなく、耐久性に優れているのが特徴です。

土壁

今では少なくなった「土壁」の家。施工に手間や時間がかかるため消え去りつつあるこの工法は、実は日本の風土に最も適した断熱工法です。熱を放出または吸収する土の働きによって夏は涼しく、冬は暖かく暮らせます。また調湿性にも優れ、家自体が呼吸しながら湿度を一定に保ちます。