ZEH (ゼッチ)

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字をとった略称のことです。最近では、住宅関連のニュースや情報誌等でもよく目にするようになりました。住宅の高断熱化と効率の良い設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを自ら創り出し、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量を概ねゼロ以下にするというものです。このZEHを導入する方には補助金が交付されます。(※補助金事業は予算額・期間が定められています。)経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標としており、住まう人にも地球環境にも優しい住宅の実現に向けて、こういった取り組みが今とても注目されています。

詳しくは「資源エネルギー庁ウェブサイト」をご覧下さい。

認定長期優良住宅

せっかく家を建てるなら地震に強く、省エネで、長く大切に使うことができる家を建てたい。そう思いませんか? 「認定長期優良住宅」とは良い住宅を建て、きちんと手入れをして、長く大切に使うことができる住宅のこと。認定長期優良住宅の認定は住宅の性能と維持保全計画によって行なわれます。認定された住宅は「各種減税」や「住宅ローン」等の優遇措置が受けられます。

詳しくは「国土交通省ホームページ認定長期優良住宅のページ」をご覧下さい。

認定長期優良住宅を建てる時に必要な6つの条件

建てた後もしっかり手入れを

認定低炭素住宅

低炭素住宅とは、二酸化炭素(CO2)の排出を減らす工夫がなされた住まいのことです。住宅自体に断熱性を持たせたり、省エネ性のある給湯器やエアコン・照明等を取り入れたり、と少ないエネルギーで快適に暮らせます。省エネ性の高い住宅は、建築時、設備にお金がかかってしまうものですが、生活で欠かせない電気や冷暖房を節電・節約することに繋がります。また、認定を受ければ一般の住宅にはない優遇措置が受けられるようになっており、例えば住宅ローン減税の最大控除額引き上げや贈与税の非課税枠拡大、登録免許税の軽減等のメリットが得られ、家計にも優しい仕組みになっています。
詳しくは「国土交通省ホームページ低炭素建築物認定制度」をご覧下さい。

BELS

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)とは、国土交通省による「省エネ法」に基づき作られた、星の数で分かる“住宅の通信簿”のようなものです。二酸化炭素の排出量等から、その住宅の省エネ性を見える化にし、誰でも簡単に建物の性能を比較することができます。住宅の一次エネルギー(石炭・石油等から得られるエネルギー)の消費量が少なければ少ないほど性能が高くなり、記載される星マークが多くなります。
詳しくは「国土交通省ホームページ建築物省エネ法の表示制度のページ」をご覧下さい。

耐震等級3

この地域での家創りでとくに気になることは「地震が起きた時に倒壊しないか」ではないでしょうか?皆様がより安心して家創りができるよう、地震に対する建物の強さ表したものを耐震等級といいます。耐震等級は1~3段階に分けられており、耐震等級3は、建築基準法で定められた建物が耐えられる地震より1.5倍の地震にも耐えられると言われています。快適でおしゃれな家であっても、地震で倒壊しては意味がありません。地震に対する万全な準備が大切な家族を守ります。また、地震保険には、建物の免震・耐震性能に応じた保険料の割引制度があります。耐震等級3であれば免震建築物割引率が50%と、お財布にも優しい制度です。

省令準耐火

省令準耐火とは、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準をいいます。具体的には外部からの延焼防止、 各室防火、他室への延焼遅延が挙げられ、万が一、火災が起きても燃え広がりにくい構造になっています。