株式会社中美建設は、2019年4月に創業50周年を迎えます。

この記念すべき50年という節目の年を迎えることができましたのも、永年にわたりご愛顧いただきましたお客様、ならびに弊社に力をお貸しいただいた協力業者様のご指導ご支援の賜物であり、また弊社を支えてくれた社員とご家族の皆様にも厚く御礼申し上げます。

皆様には今後とも変わらぬご指導ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

中美建設の今昔

旧社屋
沿 革
昭和44年4月 中村美房(現・会長) 伊勢市船江にて創業
昭和57年4月 中村土地建築を屋号とする
昭和63年7月 自宅兼事務所 建て替え
平成4年4月 有限会社中美建設 設立
平成12年12月 協力業社会「中美会」(現・なかよし会) 5名で発足
平成15年8月 事務所 増築
平成21年12月 中美建築事務所 設計事務所 開設
新社屋
平成24年5月 中村淳二(現・社長) 社長就任
平成25年6月 有限会社中美建設から株式会社中美建設へ組織変更
平成25年6月 資本金を1,000万円に増資、新社屋完成 本社を移転
平成27年8月 第一回なかよしファミリーフェスティバル「NFF」開催(以降、毎年開催)
平成29年6月 宅地建物取引業 許可取得・不動産部 開設
平成30年1月 第一回オーナー様餅つき大会開催(以降、毎年開催)
平成31年4月 創業50周年記念式典
平成31年 松阪支店、松阪市ZERO-CUBE新モデルハウス オープン予定

100年企業に向けて


中美建設は、伊勢のトップビルダーとしてこれまで多くのお客様に愛され50周年を迎えることが出来ました。

しかし、そのポジションに甘んじることなく100年企業を目指すために、これからも様々な取り組みを行っていきます。



NFF集合

オーナー様とのつながりを絶やさず、より一層「満足・安心・感動」を感じて頂けるよう、お客様との交流イベントの開催やアフターメンテナンス対応の強化など、これまで以上にお客様に寄り添ったライフスタイル、ライフプランをトータルで提案できる地域のお役立ちサービス業に発展していきます。

三重の素材を使った三重のおウチ

環境配慮型住宅の提供、三重県の地産地消にこだわる家創り、林業活性化や木育の取り組みなど、この街に中美建設がいれば安心と言われる存在となるような企業活動を心がけていきます。

伊勢神宮参拝

社員がやりがいを感じられる会社として、ワークライフバランスを考え、お客様だけでなく社員にも幸せを感じて頂けるような「働きたくなる職場環境」をつくり、「選ばれ続ける企業」であり続けます。